恋愛文化私観>>>恋愛文學界

夜は短し歩けよ乙女

恋愛小説の中でも有名な作品として、近年とても高い人気を得ているのが「夜は短し歩けよ乙女」です。映像化もされていて、よりこの作品の勢いは強まっていると言えるでしょう。日常の恋愛を描きながらも、不思議な感覚になる作品ということもあって、若い層から年齢を重ねた層まで指示されている作品となっています。

先輩後輩という関係

この作品で描かれるのは、先輩後輩という関係です。誰もが経験したことがあるのが、先輩と後輩という関係なのではないでしょうか。絶対に埋まることのない差を埋めるように、それでも何かを得たいと思って恋に落ちる先輩後輩という関係も多々描かれることがあります。この作品では、先輩後輩がそれぞれの環境に置かれながらも、相手のことを想いながら紆余曲折を経ていくという内容となっています。

現実でも、そういう恋愛をしている方が多いのではないでしょうか。憧れの先輩との恋愛や親しい後輩との恋愛など、人によってその恋や愛の形は違います。作品とは関係ありませんが、恋愛においてこれらの先輩後輩という関係は、時に甘く時に酸っぱいものとも言えるでしょう。これを青春時代に体験できた人は、正直すごく運河良いと思います。その経験は、人生の中でも相当貴重なものとなるでしょう。

年上と年下だからこその恋愛

年上と年下だからこその恋愛というのがあります。日本の恋愛では、男性が年上で女性が年下ということが多かったです。これはもともと日本が亭主関白の文化を持っていて、男性の後を女性が付いていくという文化だったためとも言えます。年上と年下という年齢関係は、大きく恋愛にも影響してくるでしょう。

ただ、近年は逆のパターンもとても多くなっています。小説などでも、女性の先輩と男性の後輩が描く恋愛などを内容とした作品もあります。そう考えると、時代が変わってきたとも言えるかもしれません。

実際に恋愛の形は、時代によって大きく変化していくのです。昔は先輩後輩という関係も、先輩男性と後輩女性で描かれることが多かったと言えるでしょう。ただ、それも時代によって大きく変化してきました。

それは、日本がより自由恋愛を推奨してくるようになってきた背景が考えられます。現代日本では、誰と恋しても良い時代です。そこに年齢は関係ありません。しかし、同学年と恋愛するという方も多いです。色々な形があり、色々な道があるからこそ、より多くの方が描く恋愛模様が面白いのかもしれません。

永遠に変わらない立場

永遠に変わらない立場が、先輩と後輩という関係です。もちろん、新密度や信頼度によって、その関係は変わってくることもあります。しかし、永遠に変わらない年齢の差をどう埋めるかによって違った恋愛模様も見えてくるのではないでしょうか。

先輩と後輩という立場で出会ったカップルは、そのまま結婚するということも多いです。もちろん、何が正解かということは言えません。小説で描かれるように、時に美しく、時に儚く脆いものだからこそ、先輩後輩関係の恋愛は面白いのです。

最近だと、色々なシチュエーションの作品も多くなっていて、小説だけではなく漫画やアニメでも、先輩後輩の恋愛を描くものが多いです。ある種願望も入っているかもしれませんが、それほど青春時代の思い出補正は強いということかもしれません。恋愛自体がどのような形であれ、その一生埋まらない差を埋めるためにもがく若者たちの恋愛ほど、激しく燃えるような恋はないかもしれませんね。それが愛に変わる瞬間にこそ、本当の意味で結ばれるのかもしれません。

憧れの存在との恋

誰にでも憧れの存在というのはあると思います。特に学生時代は、憧れの対象が先輩になることも多いのではないでしょうか。女性の場合は、グラウンドでボールを追いかける先輩に目を奪われたこともあるのではないでしょうか。汗を必死に流している先輩を見て、かっこいいと思ったことがある人も多いです。

先輩後輩の恋愛関係の中でも、やはり大きな要素となるのが「憧れ」というポイントです。その憧れが大き過ぎて、逆に「恋なんてできない」という方もいます。憧れが大き過ぎると、人は恋愛感情すらも凌駕してしまうのかもしれません。

これは、テレビなどに出演しているアイドルなどへの憧れにも似ているかもしれません。絶対に手が届かないと知っている場合は、逆にその対象を神格化するかのように、自分の心を嘘で塗り固めてしまうというような感覚です。

先輩後輩の関係は一生変わることがないですが、憧れの存在との恋はやはり楽しいものだと言えます。今学生という方は、その貴重な時間を恋愛に捧げてみてはいかがでしょうか。それこそ一生の思い出になるはずです。

貴重な時間を青春という言葉でまとめてしまうのはもったいないのかもしれません。ただ、青春は一瞬で過ぎていくからこそ、色々な作品で描かれることも多いです。特に小説などは、その傾向が強いと言えるのではないでしょうか。

興味がある方は、色々な小説を読んでみて、色々な恋愛の形を知ってみると良いです。そこから見えてくるものは、また違った内容となるかもしれません。先輩後輩の関係に関しては、学生のうちにしか体験できない貴重な関係性でもあります。年齢差は埋まらないものの先輩後輩という関係で付き合える時期にこそ、恋愛はしておくべきなのかもしれません。

色々と人間の恋愛について考察してきましたが、やはり恋愛はどのような形でも美しいものです。特に学生時代の恋愛というのは、強烈に思い出に残っている方も多いかもしれません。それこそが、作品に反映されることにも繋がっているのかもしれませんね。

https://rena-wii.jp/
ポリミン
https://1dconcertfilm.com/
スプランジ
http://rta-alesa.com/
レイトウカビン
https://digitalflowerpictures.com/
アナトーリベールキン